初心者でも分かるカラコンガイド

カラーコンタクトレンズというのは若者の間で化粧品と同様に欠かせないアイテムとなってきています。 確かにカラーコンタクトというのは、目を大きく見せる作用があったり、瞳を強調的にする効果があり、カラコンをつけるだけでいつもと違った印象になることができるので、とても人気がある商品なのです。

最近ではカラコンを通販などでも購入することができるようになりました。 通販で購入するカラコンは眼科などで購入するカラコンに比べて激安で販売されています。 ですのでとても手にとりやすく、商品自体の種類も多く販売されています。 また最近では乱視の方でもつけれるように乱視カラコンも販売されるようになりました。

そんなカラーコンタクトレンズですが平成21年11月4日より、視力補正用コンタクトレンズと同様、高度管理医療機器として薬事法の対象となりました。

これによりカラーコンタクトレンズに対しての規制が厳しくなり、製造・輸入に当たっては構成労働大臣の承認が必要になりました。 また販売の時も同様に都道府県知事の販売業の許可、販売管理者の設置が義務付けられるようになったのです。 カラーコンタクトレンズは目に入れて使うものになるので、こういった規制がしっかりとしているほうが使用者側からすれば、安心、安全に使うことができるのではないでしょうか。 ではカラーコンタクトレンズを作るにはまずはどうすればよいのでしょうか。

まず、カラーコンタクトなどのレンズを初めて購入する場合は眼科医の処方が必要になります。 ですので、眼科医で処方してもらうようにしましょう。 その際にコンタクトレンズの使用目的や、目の病歴、薬のアレルギーなどの問診をし、視力の検査をおこない、コンタクトレンズの度数や、カーブ指数をしらべてもらいます。 こうして自分がコンタクトレンズを着用できるのかであったり、視力の度数、目のカーブ指数を知ることができます。

眼科医の検査は初診であれば大体2000円から3000円ほどですので、目の健康のためにも眼科を受診してからコンタクトレンズを購入するようにしましょう。 また購入してからも定期的に眼科を受診することをお勧めしています。 これはコンタクトをつけることにより、度数がかわってきてしまったりすることがあるためです。 目の健康のためにも低的に眼科で検診をうけることにしましょう。 ここではその他にカラコンのつけ方や、はずし方、洗浄方法や保管方法などカラコンについての基本の取り扱い方法や、カラーによっての違いなどを書いていこうと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ